診療通信24

ホーム 診療案内 検査案内 地図 在宅医療部 論文 診療通信 健診・人間ドック 在宅ケアふくおか 駐車場

 

<戻る>         <次へ>

 平成16108

の到来を前に、そろそろインフルエンザのことが気にかかる季節です。

前回、トリインフルエンザを話題にしましたが、もう少し続きを考えてみたいと思います。

我が国では、今春、トリインフルエンザが発生し、大きな社会問題になりましたが、
隠蔽事件としての扱われ方のほうが主体になってしまった感があります。
その後気候が暖かくなるに従って、発生自体が収束し、当初のヒトに対する感染性に関する議論は
うやむやのうちに終わってしまいました。

しかし、実はタイやベトナムでは昨年にひき続き今年もすでに、トリインフルエンザに感染し、
亡くなったり重症化したりする人が報告されています。

このことにWHOや欧米の関係者は、危機感を深めています。
昨年アジアを発端に蔓延した強毒型トリインフルエンザウイルスは、一年を経てすでに
ヒトに対する感染性を獲得したと考えられています。もしそうであれば、今冬にかけて世界中で
大流行する最悪の可能性も考慮しなければならないのです。かつてのスペインかぜのように。

そうした危機感を背景に、例えばアメリカ政府は製薬会社に対し、
インフルエンザの特効薬といわれているタミフルの大増産を命じ、
さらにそれを自国民のために大量に備蓄しようとしていると、実しやかに報じられています。

だトリインフルエンザワクチンが実用化されていない現段階で、もしトリインフルエンザにかかってしまったときの最良の方法は、1時間でも早く抗ウイルス剤(タミフルなど)を飲むことです。
ウイルスの増殖を完全に押さえ込むことは出来なくても、少しでもそれを食い止められれば、
重症化して最悪の結果を招くことが防げるだろうと期待されています。
ただし、タミフルは感染早期に服用しないと無効ですから、
対応が遅れれば効果は期待できません。事実流行国では、抗ウイルス剤がどれだけ早く
手に入るかが、生死の分かれ目とさえ言われているそうです。
しかし他方では、この薬に対する耐性ウイルスの出現も問題化しており、
ここでも人間とウイルスとの終わりなき戦いが始まっているようです。

さらに重大な問題なのは、今回タイで、トリ→ヒト→ヒトの感染が成立したことが
ほぼ確定されたことです。同国には、実際には明らかにされていないヒト→ヒト感染が、
多数隠蔽されているという疑惑も向けられています。

問題は、ヒト→ヒトに感染したウイルスが、
さらに次のヒトに感染する遺伝子型を獲得したかどうかです。
もし、問題がそのような事態に至った場合、全世界での感染者数は、
想像を絶するものになるであろうと、WHOは危惧しています。

しかし我が国における危機意識は、いまのところ非常に低いように思えます。日本政府は、
果たしてこの問題に対する世界的な危機意識を、他国と共有し得ているのでしょうか。

 

<戻る>         <次へ>